周辺状況の確認

藤の花が咲く

大阪は食べ歩きの町とも呼ばれています。大阪の特産品といえば、何が思いつくでしょうか。
恐らく、一番最初に出てくるのはたこ焼きだと思われます。では、農産物ではいかがでしょう。
実は最近、大阪府が力を入れているのは農産物なのです。大阪で有名な農産物は20種類もあります。
その中でも全国的に有名なのがぶどうです。ぶどう全体では全国で7位の生産量ですが、デラウェアという品種では全国3位の生産量を誇っています。
デラウェアと言えば、他の品種よりも赤色が強く、身が小さく数が多いというのが特徴です。味は甘味が強く、弾力のある触感は小さいながらに食べごたえがあります。
数多くある特産品の代表ともいえるデラウェア、ぜひ一度はお召しになってください。

テレビなどでも良く東京と比較されたり、何かと注目されやすい大阪の地域性についてご紹介します。
有名でインパクトのあるところですが、面積はとても小さいです。
全国で2番目に小さく、人口も決して多いわけではありません。
県民の特徴として、よく、行動が早く合理的というイメージを持たれています。
もちろん全員当てはまるという事はないため、一概には言えません。
しかし、なぜこれだけ確率したイメージがあるのでしょうか。
そこに本来の地域性があると考えられます。
大阪は奈良時代から外交の地として役割を果たし、中世には商人を集めた城下町が誕生しました。
江戸時代から天下の台所という名前を受け、現在でも呼ばれています。
この、商人が多い地域性から、仕事が早く計算が上手い、というイメージが生まれたものと考えられます。